赤ちゃんに水道水を使う場合の注意点

赤ちゃんの粉ミルクを調乳するのに、水道水を沸騰させて、
どれくらいの間、その状態を続けていますか?

 

水道水を沸騰させるのは、残留塩素を取り除く目的があるのですが、
発がん性物質のトリハロメタンを取り除くには、
沸騰した時点から15〜20分程度そのまま沸騰させ続ける必要があります。

 

トリハロメタンは、沸騰した時点で普段の2から3倍の量になります。
水道水を沸騰させるのは、塩素を飛ばすだけと考えて、
沸騰してすぐ火を止めてしまっては、トリハロメタンが一番多い状態で残ってしまいます。
水道水が沸騰しても、すぐ火を止めるのはやめましょう。

 

また、水道水を沸騰させれば、すべての有害物質が取り除けるわけではなく、
不純物は完全に取り除けるとは限りません。
例えば、報道で話題になっているヨウ素は取り除けません。

 

すぐに健康に影響はないといっても、水道水に不安がある地域の方は、
継続的に安全なお水を確保できるようにしておくのが安全だと思います。

 

 

お得で賢い赤ちゃんの水の選び方

ウォーターサーバー水のボトルを設置したら、
衛生面を考慮して速やかに使い切らないといけません。

どうやってお水を使うかで、賢くウォーターサーバーを選びましょう!

 

赤ちゃん中心でお水を使うなら

無理なく使いきれて、衛生的な7リットルパックのFrecious(フレシャス)がおすすめ。
使うほどに安くなる料金システムも見逃せません。
Frecious(フレシャス)の公式サイトはこちら

 

 

3歳未満の赤ちゃんと家族みんなでお水を使うなら

12リットルボトルでも衛生的に使いきれますね。
特典満載で初年度のコストパフォーマンスが抜群のベビアクアがオススメです。
ただし、在庫不足の傾向があって、サーバー設置まで1ヵ月待ちの状態。
ベビアクアの公式サイトはこちら

 

料金や特典も合わせてチェック!
Frecious(フレシャス)と、ベビアクアの比較はコチラ